御挨拶
会社ご案内

窯の特徴
蒸留装置
濾過装置

竹酢液
竹炭(いろいろ)
竹炭(飾り)

メール

蒸留装置の特徴
1) 炭焼窯と同じ様に二重構造になっており  内釜のなかに竹酢液や木酢液を入れ、外釜から加熱する方法です。
2) 加熱された液体が沸騰し蒸気になり2メートル位上がった所より一挙に 45度傾斜した、熱交換器により冷却され、綺麗な液体となって出てきます。
3) この釜の特徴は、蒸気になって出る所に小さなタンクを設けこの中に細かく砕いた竹炭(5ミリ位)が入っており、少しでもタール分を除去できます。
4) 釜本体は全てステンレス鋼(SUS304)を使用し、耐久性は抜群です。
5) 通常ですと採れた液体を3ヶ月〜1年位静置した物が良いとされていますが、当社の窯でできた液体は3日〜 4日位で蒸留できます。

神奈川技術士会神奈川技術士会
COPYRIGHT(C) 蒲髢リ工業所 ALL RIGHTS RESERVED.