EnglishTranslatation

除染ソーラプロジェクト

放射能の拡散を止めることです。放射能は拡散を続けていきます。地下に埋設することを国は推薦していますが、最終処分場はどこにもできないでしょう。

例え、処分場所が見つかったとしても、埋めてしまえば、
目立たなくなりますが、後に危険が残ります。

チェルノブイリでは中間貯蔵個所が800か所ありましたが、25年経ったいま其れがどこか判らなくなっています。我々は歴史に学ばなければなりません。

蓋の上にソーラー発電パネルを載せると、汚染物の格納容器としての マイナスのイメージがプラスのイメージに代わります。発電でお金を生みだしてくれるからです。結果として発電の管理が汚染物の管理を確実にします。
管理は発電所の管理と一体化され、ソーラの管理が放射能の管理となり、放射能が放射性を失う時まで管理が可能です

コンテナーの寸法は海上20フィートコンテナーの大きさですすので、陸上輸送限界内です。ソーラーの発電力は1個2KWです。


除染ソーラプロジェクトのメーリングリストはここをクリック

除染ソーラ プロジェクト」に参加しませんか?
powered by freeml