福島ソーラー発電所

福島には原子力発電所がありました、その電力は東京電力により発電され、大都市で消費されていました。しかし、原子力は完全ではありませんでした。安全神話は崩れました。
残されているのは
大量の汚染された森、畑、瓦礫の山ですが、送電網は残っています。

残された送電網を活用し、汚染された土地から金を生みだし、
故郷に活気を呼び戻します。

詳細は