ECRR (European Committee on Radiation Risk)危険モデルは、福島大災害の100kmの圏内に住んでいる300万人に適用された。

地域の人々が1年の間住み続ければ、この方法によって予測されるガンの発生数は次の10年で100,000さらに、次の50年間のおよそ200,000であると診断されている。すぐに避難するならば、数は大きく下がる。

現場から100kmと200kmの間の700万の住民に適用すれば、ガンの予測数は、次の10年間でおよそ100,000で次の50年には220,000のをわずかに超える。

この予測は
、チェルノブイリ事故の後スウェーデンでECRR危険モデル、更にはガン危険の調査結果に基づく 詳細は   日本語解説
The health outcome of the Fukushima catastrophe
Initial analysis from risk model of the  European Committee on Radiation Risk, ECRR

欧州の放射線委員会が福島原発事故の予想死亡者数を40万人以上と発表!