Google Apps for 神奈川技術士会
神奈川技術士会ではグループ内の情報交換のためのツールとしてGoogle Appsを使用します。

Google Apps(グーグルアップス )とはグループが効率的に仕事が行なえるグループウェアの1種です。
アプリケーションがGoogle Serverの中に存在するのでクラウド・コンピューティング システムです。つまり、
マイクロソフトのofficeはofficeソフトを購入し、自分のPCにインストールしなければ使用できないが、Google AppsではGoogle Serverの中にアプリケーションがインストールされているのでOfficeは不要であり、バージョンの違いを悩まなくて済みます。データーもGoogle Serverの中に保存されますので、PCがダウンしても他のPCでインターネットに接続できれば、仕事の継続が可能です。

Google Appsには、コミュニケーションツールとして「Gmail」「Google トーク」「Google カレンダー」を、同じくコラボレーションのためのアプリケーションとして
Google ドキュメント」「スタート ページ」「Google Page Creator」などが含まれている。また、ドメインユーザーアカウント情報を管理できるコントロール パネルや、拡張APIなども同梱されている。なお、サービスの保守自体はGoogleによって行われる。

グーグルアップス の使用の前提には独自のサーバーとドメインを持っている必要があり、神奈川技術士会はサーバーをSakura Internetのサーバーをレンタルし、ドメインはwww.e-kea.orgを保有しています。グーグルアップスへのアクセスは神奈川技術士会が発行するメールアドレス(name@e-kea.org)を使用することになるので、新しいメールアドレスが必要となります。

グーグルアップスの使用法は

ネット仮想事務室の使用法は仮想事務室